シャネルについて|神戸でシャネル売るなら買取る蔵。

シャネルについて

  1. HOME > 
  2. シャネル買取 > 
  3. シャネルについて
シャネルの歴史
香水やツイード素材のスーツなどが人気のシャネル モードの女王として女性のスタイルを次々に提案してきたシャネル社の基幹ブランドである「シャネル」。 その歴史は、1910年にデザイナーであるガブリエル・シャネル(通称ココ・シャネル)が、パリのカンボン通り21番地に「シャネル・モード」という帽子店を開店したことから始まります。
これまで男性用の下着の素材であったジャージ素材をスーツなどのフォーマルスタイルに使用し、女性のパンツスタイルを提案し、 コルセットや派手な装飾のドレスや帽子しか選択肢がなく様々な制約に縛られていた女性の心と体を解放していこうとする時流に乗って、瞬く間に人気を博しました。
その後、ツイード素材のスーツやNo.5をはじめとする香水、オートクチュール、高級婦人服、靴、バッグ、アクセサリー、時計、ジュエリー、アイウェア、紳士服、紳士用ネクタイなど、数々のヒット商品を発表し世界中の女性たちを魅了し続けてきました。
ココ・シャネルの死後、カール・ラガーフェルドがシャネルのデザイナーに就任後もサングラス、バッグなどの人気商品を世に送り出すなど、その人気は今も衰えることを知りません。
シャネルの種類
シャネルの定番
シャネルの定番マトラッセ時代や流行に左右されないデザインから、どの世代でも取り入れやすいブランドとして幅広い層に好まれているシャネル。
中でも「マトラッセ」はおしゃれを邪魔しない上品な柄から「一度は持ちたい」として女性から強く支持されています。

また、シャネルと言えばコスメや香水を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
シャネルらしく上品でかわいらしいパッケージは、持つだけで高級感が味わえ、かつ機能面でもその時代の女性のニーズに応えることから、洋服や小物だけでもなくコスメも欲しいと購買意欲を刺激するところが飽きさせない理由の1つでしょう。
また、ブランドとしてのネームバリューだけでなく、海外のコスメは苦手、という方にも「シャネルは別格」と思わせる発色の綺麗さや安定した品質の良さは、安心して購入・使用できることが支持される理由の1つです。
買取る蔵。では、どんなに使い込んだボロボロのシャネルや、使わないけど捨てられないシャネルであっても買取ります。
古いデザインや使い込んでボロボロだからクローゼットに入れたままだった、という方もお気軽にご相談ください。
シャネルの定番ラインをご紹介いたします。
・マトラッセライン・カンボンライン・マドモアゼルライン・キャビアスキン・ワイルドステッチ・ココボタン・アイコンシリーズ・クルーズライン・スポーツライン・ドーヴィル
王子公園本店

〒657-0838
神戸市灘区王子町1丁目2-11-101  
[ グーグルマップを見る google map ]

営業時間  10:00~19:00

神戸王子公園 本店の問合せは0120-004-154へ
神戸王子公園本店 今月の営業日
王子公園本店へのアクセス
神戸王子公園 本店

買取方法

買取る蔵。では、3つの方法でお客様から買取をいたしております。
お客様のご都合・用途に合わせてお選びいただけます。
送料・出張費などは頂きませんので、お気軽にご利用ください。

  •  
  • ルイヴィトン
    ルイヴィトン
    ルイヴィトン商品買い取ります。限定品や傷があるヴィトンでも買取ります。
    詳細はこちら
  • シャネル
    シャネル
    古いデザイン、型崩れしていてもシャネル商品買い取ります。
    詳細はこちら
  • ダイヤモンド
    ダイヤモンド
    鑑定書が無くても、どんなに小さいダイヤモンドでも買取ります!その他宝石も買取っております。
    詳細はこちら